• Naoaki KURODA

イタリアの夏のバカンスは海で何もしないのがおすすめ

イタリアの夏のバカンスは、Villaggio Turistico(ヴィッラッジョ トゥーリスティコ)かサマーホテルで何もしないのがおすすめです。

なぜなら、これらの施設では、全てが一箇所に揃っていて、朝から晩までゆっくり本物のイタリア式バカンスが満喫できるからです。

おそらく「Villaggio Turistico(ヴィッラッジョ トゥーリスティコ)もサマーホテルも聞きなれない言葉だな?」と皆さん思われたと思います。

そうですよね。

これまでイタリアに旅行に行ったことのある人も、これから行こうと考えている人も、もしかするとこのような施設は使ったことも聞いたこともないかもしれません。

しかしこの記事を読み終わるころにはきっとご理解いただけて、ぜひ今度行ってみたいと思っていただけるのではないかと思いますので、最後までお付き合いいただければ幸いです。

では、順を追ってお話していきましょう。

日本人が考えるバカンスとイタリア人が考えるバカンスの違い

突然ですが、皆さんはバカンスは大体いつごろ取っていますか? そしてそのバカンスを取る日数は年に何日間ぐらいですか?

3日間?それとも5日間ですか?

一般的に日本で長期休みが取れるのは、年末年始のお休みと夏のお盆休みと言われています。

一般的に、多くの日本人は、夏に海や山に出かけたりして休暇を過ごしたり、休み中に実家に戻って家族や親戚に会ったりお墓参りをしたりしますよね?

またゴールデンウィークには、有給休暇をその前後に合体させて長期休暇を取り、海外旅行に出かけたりする人も多くいます。

このように毎日忙しい我々日本人にもちゃんと休みがあり、少しまとまった長期休暇を過ごすという習慣もあります。

では、純粋に夏の休暇=「バカンス」としてレジャーに費やす日数は1年間にどれぐらいあるでしょうか?

おそらく一週間から長くても10日ぐらいではないでしょうか?

その期間あなたならバカンス先でどのように過ごしますか?

海に行きますか?それとも山で過ごしていますか?

多くのイタリア人にとっては、夏のバカンスは海でのバカンスを意味しています。

イタリア人にとっては、夏と海は切っても切り離せないものなのです。

イタリア人のバカンスシーズンはいつ?

イタリアのバカンスシーズンは、大きく分けると、春の復活祭の時期、夏休みの時期、それから年末年始の休暇の3つに分けられます。

この3つのうち休暇の期間が一番長いのが夏です。

イタリア人は夏にバカンスを約1ヶ月間ほぼ連続で取ると言われています。

これは、イタリアでは8月を中心にその前後の期間内にバカンスを取るというふうに法律で決められていることに由来します。

近年では、まるまる1ヶ月間連続で取れる人は少なくなってきており、20日前後のバカンスを夏を中心に取るというのが一般的になっているようです。

つまり、基本的に夏は1ヶ月間休暇がもらえてその月の給料も丸々出るのです。

バカンスを長くとると言われているイタリア人はいったいどこで何をしているの?

イタリア人は夏になると必ずと言っていいほど海に行きます。

というかずーっと海にいる人もたくさんいます。

海辺に別荘を持っている人も少なくなく、大都会であるミラノ市街であっても、8月の間はほぼお店もすべて閉まり、ほとんど人や車の往来はなくなり、完全にゴーストタウンのようになります。

つまり街中の多くの人々が、8月に集中してバカンスに出かけるのです。

それも特に海へ出かけるのです。

なぜなんでしょうか?

美しい海と海岸線に囲まれた国イタリア

イタリアは日本にも負けないぐらい自然豊かな美しい国土をもっています。

日本と同じくほぼ国土の全域は年間を通して穏やかな地中海という海に囲まれており、シチリア島、サルデーニャ島、イスキア島、カプリ島、エルバ島といった観光地としても有名な島々がたくさんありますので、行く場所には確かに事欠きません。

日本人にはそれほど知られていないかもしれませんが、基本的にイタリア人は、本当に海が大好きです。

もちろん山派の人たちもいますが、それらの人々も含めて、とにかく彼らは海が大好きです。

日本人は、なかなか海辺に一週間も二週間も何もしないでずっと寝そべるということはできないのではないかと思いますが、彼らは毎日でも一日中でも海にいられるようにさえ見えます。

海辺や海岸に行って暑い昼間は海の家や海の中で過ごしたり石造りの室内で過ごしたりして、夕方日が陰ってから街に出てからそぞろ歩きをしたり、海辺にテーブルを出した レストランで食事をしたり友達とピッツァを食べたりビールを飲んだりして過ごします。

そぞろ歩きが大好きなイタリア人

イタリア人は夕食の後またおしゃべりをしながら散歩をするのが大好きです。

日本人は散歩が好きな人もいますが、その多くは「健康のために歩いていまーす。」という健康法としてのウォーキングに近い散歩をしている人が多いのではないでしょうか?

イタリア人の場合は、健康のためという訳ではなく、ただ単に友達や家族とおしゃべりしながらぶらぶら歩くのです。

海の近くにある町の小さなメインストリートは、夕方になると人が出てきていっぱいになります。

そして全長1キロもないようなメインストリートをゆっくりいったりきたりしながら政治談義に花を咲かせたり、たわいもない笑い話を話し合ったりしながら散歩を楽しむのです。

ずっと何かしていないと落ち着かない日本人

一方日本人はどうでしょうか?

海のリゾート地でのバカンスと言うと、まず部屋で写真をパシャリ、海に入って写真をパシャリ、浜辺に上がって写真をパシャリ、それから人によってはスキューバをやったりシュノーケルをやって、周辺の歴史的な観光地や有名な場所を巡り、その土地のグルメを食べ歩きながらパシャリ、お土産物を買い歩きながらパシャリ、夜はいつもよりお酒の量が進んでバタンキューで寝るというようなかなり忙しいものになってしまう人も多いのではないでしょうか?

長い時間直射日光の下にいると完全に日焼けをしてしまうので、あまり日焼けを好まない日本人は、海に出かけてもそこに一日中いるのではなく、おそらく数時間で海や浜から引き揚げてしまうのではないでしょうか?

なので1日中、いや半日でも海辺に寝そべっているということはなかなか日本人にはできないですよね。

海好き両生類?

しかし海が大好きなイタリア人は違います。

日本人が言う「海が大好き」とはレベルが違います。

イタリア人は本当に海が大好きです。大大大好きです。

1年に1度は長時間&長期間海辺にいないと死んでしまう類の両生類(そんなものがいるのかどうか知りませんが。笑)のようなレベルかも知れません。

Villaggio Turistico(ヴィッラッジョ トゥーリスティコ)やサマーホテルってどんなところ?

それではいよいよ本題に入りたいと思います。

多くのイタリア人が海での長期バカンスを過ごす際に利用しているVillaggio Turistico(ヴィッラッジョ トゥーリスティコ)とサマーホテル(勝手に私が作った言葉です。笑)というものについてお話ししたいと思います。

Villaggio Turistico(ヴィッラッジョ トゥーリスティコ)とは、日本語に直訳すると「観光村」となりますが、それではあまりイメージが湧かないと思います。

Villaggio Turisticoとはいわゆる海辺に造られた「総合リゾート宿泊施設」のことです。

一方サマーホテルとは、海の近くにある夏の期間だけ営業していたり、特に夏が最繁忙期となるホテルのことで、その時期に滞在すると最高にその魅力を満喫できるホテルのことを指しています。

これらのホテルに共通しているキーワード

これらのホテルに共通しているキーワードとしては次のようなものが挙げられます。

美しい海、プール、燦燦と輝く太陽、 猛烈に暑いけれどカラッとした空気感、 ゆったりとした快適な食事サービス、 エンターテインメント、エステ、 家族やカップル単位で心からリラックスできる、 おしゃれなブティックでのショッピング、 素敵なラウンジやカフェでのひと時が味わえる、 来ているお客さんたちがとにかく華やか 

どうでしょうか。少しイメージが湧いてきましたでしょうか?

近年一般にResort&Spaというような名称で呼ばれているこのような施設は、世界中の有名なビーチがあるところには必ずあると言っていいでしょう。

Resort&Spaというと、「あー、あれね。」とイメージが湧く人も多いかも知れません。

イタリア式バカンスが満喫できる夏のリゾート

ここでいくつか実例を挙げてお話したいと思います。

①サルデーニャ島北東部 Arzachena(アルザケーナ)市  Cervo Hotel(チェルヴォ ホテル)などの4つ星5つ星以上のホテル

世界中のセレブが夏の期間お忍びで訪れる隠れたスーパーリゾート地、それがCosta Smeralda(コスタ ズメラルダ=エメラルド海岸)にあるPorto Cervo(ポルト チェルボ)という地域です。 写真にあるようにまさにエメラルド色の海と白い砂浜のある世界的な超高級リゾートです。

どのくらいのスーパ―リゾートかというと、ここは、アラブ諸国の大富豪や欧米の億万長者たちが地中海を自分たちの超豪華クルーザーや専用ジェット機でお忍びで次から次へとやって来るといったレベルのもので、知る人ぞ知るという場所です。

あまり知られていないかもしれませんが、イギリスのダイアナさんがパリで亡くなる前にドーディさんとバカンスを過ごしていたのも、このサルデーニャ島のPorto Cervo(ポルト チェルボ)という場所なのです。

ここで案内してくれたハイヤーのドライバーさんは、夏の3カ月しか仕事をしないと言っていました。

それで後の「9か月はDIYや庭仕事をしたり狩りをしたりして過ごすんだ―。」と言っていました。

毎年9ヵ月間仕事をしないというのもびっくりしたのですが、もっとびっくりしたのは、以前スイスから来た老齢の女性のお客さんをOlbia空港で出迎えてPorto Cervoのホテルまで送るという仕事をしたとき、送迎料とは別に15万円チップをもらったことがあると聞いた時でした。

Porto Cervoは、とても小さなかわいいリゾートエリアなのですが、来ている人のスケールが桁違いで、そのギャップに驚かされる場所です。

Cervo Hotel, Costa Smeralda Resort 公式サイト https://www.marriott.com/hotels/travel/olbsi-cervo-hotel-costa-smeralda-resort/

②サルデーニャ島南部 Santa Margherita Di Pula(サンタ マルゲリータ ディ プーラ)市 Forte Village Resort(フォルテ ヴィレッジ リゾート)

ここは同じサルデーニャ島でも最南部にある大型サマーリゾート施設です。

この広大な施設の内部は、4つのホテルで構成されています。

Porto Cervo(ポルト チェルボ)がスーパーセレブのお忍び旅行向きとするならば、こちらは夏休みに家族みんなでワーッと行っても楽しめる超巨大な施設です。

私も初めて行ったとき、こんな水不足で取水制限もあるような島にこんな巨大なリゾート施設があるのが信じられませんでした。

ヴィレッジから直接広大な砂浜へ出ることができます。

Forte Village Resort 公式サイト https://www.fortevillageresort.com/

③シチリア島東部  Taormina(タオルミーナ)市 Hotel Timeo(ホテル ティメーオ)

古代ギリシャ時代の円形劇場もあるこの高台にある小さな町タオルミーナは、とても美しくかわいらしい町です。

その中にあるこの超スーパーホテルHotel Timeoは、「こんな小さな田舎町にこんなゴージャスなホテルがあるの?」と、驚いてしまうホテルです。

私が訪れた時には、今は亡き有名な映画監督、Michelangelo ANTONIONIさんがホテルのホールを歩いていらっしゃいました。

シチリア島は、もちろん1年を通して観光ができます。

内陸の歴史的遺跡や観光地を訪問するのなら訪問する季節はいつでも良いと思いますが、私がおすすめしたいのはやはり春先から夏にかけてです。

特に真夏に行くのと他の季節に行くのとでは全く印象が異なります。

私はほぼすべての季節にシチリア島を訪問したことがありますが、間違いなく真夏のめちゃくちゃ暑い時期に訪問されることをおすすめします。

Grand Hotel Timeo 公式サイト https://www.belmond.com/hotels/europe/italy/taormina/belmond-grand-hotel-timeo/

タオルミーナでの夏のバカンスは、昼間はホテルで寝て何もしないのがおすすめ

真夏の昼間は暑すぎて誰も外を歩いていません。ですから昼間は海かプールに行くか、ホテルのお部屋でゆっくり休みます。

そして、日が陰ってくる夕方ごろから人々が町の広場やバールにぞろぞろ出てきて行動を開始します。

そして夜遅くなって空気が少しひんやりしだして来たときに夕食に出かけます。

その時の何とも言えない空気感こそ現地に行かないと得られないものなのです。

これはこの時期にタオルミーナを訪問しないと絶対に味わえないでしょう。

冬なんかに行くと、人もおらず全く別の町の様で、間違いなくがっかりします。

タオルミーナへはイタリア本土からは飛行機でカターニャ空港まで行きそこから陸路でホテルに向かうのがよいでしょう。

カターニャの空港には、タクシーやハイヤーの客引きがわんさかいるので、できれば宿泊するホテルに送迎の車の手配をお願いするのが良いと思います。

④カプリ島 Hotel QUISISANA(ホテル クイジサーナ)

カプリ島は「青の洞窟」と日本では見たことのないような巨大なレモンがたわわに実るレモンの樹がたくさんある風光明媚な島です。

ナポリから水中翼船で行くことができる、世界的に知られた観光の島です。

日本人でも行ったことのある人はとても多いのではないかと思います。

しかし、このカプリ島に1泊でも宿泊したことのある人は非常に少ないのではないでしょうか?

そうです。この島を観光で訪れる人のほとんどは、日帰りで帰ってしまうのです。

ですから、夏の繁忙期の昼間のこの島の混みようは尋常ではありません。

それはそれで賑やかでいいのですが、実はこの島からナポリの港へのその日の最終の水中翼船が出た後、この島の雰囲気はガラリと変わりほんとうの姿を現すのです。笑

一変するカプリ島の中心街の雰囲気

どういうことかというと、最終の水中翼船が出た後に島に残っている人は島の住民かその晩島に泊まる宿泊者だけになるということです。

「だから?」、「当たり前じゃん?」と思われるかもしれませんが、最終の水中翼船が出た後こそこの島の魅力がじんわりとにじみ出てくるのです。

まず、すぐに気付く違いは島内を行き来する人の数が激減して、グッと静かな雰囲気になります。

その後夕暮れが訪れ始めると共に、町の広場や通りにほのかな黄色い照明が点き始め、それまでどこにもいなかったようなおしゃれな人たちやテレビで見たことのあるような人達が続々と町中にホテルから出てくるのです。

つまりこの時間帯に日帰りの観光客と泊まりの観光客が完全に入れ替わり、ワイワイガヤガヤの大衆観光地から一気に高級リゾート地の雰囲気に変わるのです。

これはこの島に宿泊してみて初めてわかる現象でした。

カプリ島は小さな島なのですが、ホテルはいくつもあります。

その中でトップオブトップのホテルは、Hotel QUISISANA(ホテル クイジサーナ)です。

少し下記の公式サイト見て頂ければどんな感じかすぐに理解いただけると思います。

そんなに巨大なホテルではありませんが、素晴らしいラグジュアリーホテルです。

Hotel QUISISANA 公式サイト https://www.quisisana.com/

日本語での解説があるサイトはこちらをどうぞ https://jp.lhw.com/hotel/grand-hotel-quisisana-capri-italy

★Hotels.com★ヨーロッパホテルが最大40%OFF!

「いやいや、そんな遠い島まで行かなくても、ローマ近郊のOstiaやTerracina等の海水浴場も「海の家」のサービスが揃ってるんだから、サルデーニャやシチリアまで行かなくてもいいんじゃないの?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。

はい、もちろんその通りです。

イタリア半島の沿岸部には、日本の有名な海水浴場の海の家以上に素晴らしい設備とサービスを備えた海水浴場が無数にあります。

宿泊を希望する人にも対応できるように、夏の期間だけ営業する海水浴場前のホテル、まさしくサマーホテルもたくさんあります。

このように夏のバカンス期間は、イタリアの都市部がもぬけの殻になる代わりに、海辺の町々には夏の海と日差しと憩いを求める多くのイタリア人バカンス客でいっぱいになるのです。

ここで強調しておきたいのは、イタリアでのバカンスは、富裕層だけのものではないということです。

「でも、お前がこのブログで紹介している場所はみんな超高級ホテルばかりじゃないか?」と言われるかもしれません。 はい。その通りです。上に挙げたホテルはみんな超高級ホテルです。

そしてぜひ皆さんに宿泊して欲しいと思っています。 「じゃ、これらのホテルに泊まらなきゃイタリアのバカンスとやらは満喫できないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、それは全く違います。

これらのホテルの近辺には数多くのホテルがあります。

そこからご自身のバジェットにあうホテルを選んで宿泊してもらえばいいと思います。

もちろんバカンスに出かけるイタリア人全員が高級ホテルに宿泊しているわけではありません。

イタリアでは、バカンスは仕事をしている人なら基本的にみんな取れるものですし、自分の予算に合わせていくらでも選択肢がありますので、高級なところに泊まらないと楽しめないというものでもありません。

その理由も次のまとめに書きたいと思います。

まとめ

まとめますと、イタリア式夏のバカンスを心行くまで満喫するにはVillaggio Turisticoやサマーホテルが絶対おすすめということになります。

これはゴーストタウンになった都市部のホテルに比べてということです。

特にこれまで何度もイタリアに旅行に行って有名な都市はだいたい全部回ったなーと思っていらっしゃる方は、次回は是非真夏のVillaggio Turisticoやスーパーサマーホテルに滞在して何にもしない優雅なバカンスを過ごしてみてはいかがでしょうか?

「せっかくそんなところまで大金を払って行って特に何にもしないのはもったいなくない?」と思われるかもしれません。

しかし、そんなことは全くありません。

朝はゆっくり起きて部屋や朝食会場で朝食をとり、イタリアの真夏の太陽の下で海やプールに入り、昼に軽くアランチーノやパスタ アッラ ケッカ、グラニータやジェラートを食べたら少し昼寝をし、夕方前にシャワーを浴びておめかしをして、まずアペリティーヴォをピアッツァに飲みに行き、行きかう人々のファッションや様子を見つめながら自分の日々の生活と人生をぼんやり考えてみる。

そして少しおなかがすいてきたころに、にこやかで明るいウェイターと華やかでリラックスしたバカンス客が歓談しながら美味しそうに食事をしているレストランで、キンキンに冷えた地元の白ワインと一緒に、魚介を中心にした美味い地元のイタリア料理を食べる。

その後腹ごなしにホテルまでの道のりを遠回り散歩しながらエアコンの涼しさとは全く異質の、何とも言えないカラッとして気持ちの良い古代ギリシャローマから続く夜の涼しいそよ風が、麻の白いワイシャツと身体の間を通り過ぎていくのを全身で感じてみる。

まさしくこれをやりに行くのです。

このように、イタリアの夏の海辺でのバカンスでは、昼間はホテルで寝ているか海辺で寝そべるだけなのです。

つまりイタリアの夏のバカンスの本質は、日暮れからはじまるそぞろ歩きとディナーとジェラート。

そしてパートナーや家族とのおしゃべりなのです。

だから別にHotel Porto Cervo、Hotel Timeo、Hotel QUISISANAに泊まってなくても別に同じように過ごせるのです。笑

表面的には何もしていないでぶらぶらしているように見えていても、イタリアの夏のバカンスというものは、その土地の太陽の光と海と風から成る気候と風土、施設、歴史、ガストロノミーア、そしてレストランやバーのウェイターやホテルマンの気の利いたサービスが極上に溶け合った大きな夢舞台上で、日々日常を演じて少し疲れている我々バカンス客がそれぞれ主役として自由な休息を表現できる貴重な機会なのです。

これを「何もしないのでもったいない。」と言っている様では、日本人はまだまだバカンスの本質を理解していないのでしょう。

ぜひ近い将来、だまされたと思って一度真夏のイタリアのVillaggio Turisticoやスーパーサマーホテルにバカンスに出かけてみてください。

そして何もしない真夏のイタリアのバカンスの良さが少しでも理解してもらえるようであれば嬉しく思います。

あっ、その時は自分に似合う眉毛のはみ出ないカッコいいサングラスを必ず持参してくださいね。

イタリアの真夏の日差しは半端ないですから。

Amazon.co.jp(アマゾン)

記事を最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

もし、この記事を読んで少しでも参考になったようでしたら、下にある「いいね!」ボタンを押して頂ければ嬉しいです。

どうぞ宜しくお願い致します。

筆者のプロフィール

ZOOMを使用したオンライン個人授業でイタリア語を教えています。もしご興味のある方は下記のリンクをご覧ください。

http://www.ariajapan.com/iscrizione


#海 #イタリア人 #バカンス #ItalianCulture #turismo

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示